(株)TSON 住宅市場データ室は住宅市場の現在&未来をわかりやすくアウトプットします。特に住宅着工数、分譲戸建住宅の推定販売率は需給を示す指標として重視しています。
トップページ > 共同研究
共同研究
■  名城大学との共同研究
2016.06.21 / 名城大学との商品開発プロジェクト メンバーへのインタビュー
■  名城大学との共同研究
2015.04.28 / 名城大学との新・分譲戸建て住宅開発スタート。


■  テーマ:単身世帯向け住宅(東京大学 千葉研究室との共同研究)
2007.05.13 / 研究誌「住・生活研究05号」を発行しました。
Contents:2007.5.13「住・生活研究05号」

新しい住宅に向けて  / 千葉 学(東京大学 大学院工学系研究科建築学専攻 准教授)
ジャスト・サイズ住宅  東京大学 千葉学研究室との共同研究の180日
〜単独世帯向け市場をどうとらえたか、住宅のプロトタイプをどう創ったのか〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
製品としての住宅再考
〜微分型商品開発〜
  / 落合 正一(東新住建株式会社 経営研究所)
大小の家  / 千葉 学(東京大学 大学院工学系研究科建築学専攻 准教授)+千葉研究室
はてのない家  / 畑 裕子(東京大学 千葉研究室)
A HOUSE INBETWEEN THE SKY & THE GROUND  / RAFAEL A. BALBOA(東京大学 千葉研究室)
はなれのある家  / 西川 拓(東京大学 千葉研究室)
屋根を覗く家  / 海法 圭(東京大学 千葉研究室)
ジャバラの家  / 小間 幸一・小崎 敦史(東新住建株式会社 住宅市場研究室)
地球に住まう  / 小間 幸一・小崎 敦史(東新住建株式会社 住宅市場研究室)

■  テーマ:ランドスケープ(奈良女子大 宮城研究室、法政大学 陣内研究室との共同研究)
2007.04.27 / 研究誌「住・生活研究04号」を発行しました。
Contents:2007.4.27「住・生活研究04号」

自然環境の構造を活かした郊外住宅地の再生に関する基礎的考察
〜ケーススタディ:千里丘陵の開発における地形の取り扱いと自然環境の構造について〜

  / 宮城 俊作(奈良女子大学 生活環境学部住環境学科教授) 篠沢 健太(大坂芸術大学 芸術学部環境デザイン学科准教授)
住宅開発のパラダイムシフト
〜「土地と建物を売る仕事」から「風景の一部を売る仕事」へ〜
  / 落合 正一(東新住建株式会社 経営研究所)
分譲戸建住宅の購入者から評価される住宅づくりのポイント
〜購入者のウェブアンケートより〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
分譲住宅におけるランドスケープ志向の計画プロセス  / 落合 正一(東新住建株式会社 経営研究所)
「製品としての住宅」のプロトタイプの仮説
〜いかにプロトタイプの切れ味を鋭くするか〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
分譲住宅購入者のライフスタイルと自動車所有形態に関する研究  / 落合 正一(東新住建株式会社 経営研究所)
住宅業界の実務にみる市場細分化の難しさと必要性
〜住宅を「購入してもらう人」をどのように特定するのか〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
地球に住まう  〜日本在住の外国人へのインタビューから日本の住宅の可能性を探るシリーズ(第一回:ポーランド編)〜
 / 小間 幸一・小崎 敦史(東新住建株式会社 住宅市場研究室)

2007.02.06 / 研究誌「住・生活研究03号」を発行しました。
Contents:2007.2.6「住・生活研究03号」

ランドスケープからみた住宅地の街並み形成  / 宮城 俊作(奈良女子大学 住環境学科教授設計組織PLACEMEDIAパートナー)
分譲住宅における庭の形式と利用実態に関する研究  / 落合 正一(東新住建株式会社 経営研究所)
ランドスケープ導入の住宅開発
〜探索型商品開発としての「3(スリー)ファクター住宅」の可能性〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
分譲住宅居住者の庭に対する価値観  / 落合 正一・小崎 敦史(東新住建株式会社 経営研究所)
住宅購入検討者の媒体活用について
〜媒体活用率による合理的な広告・販促・営業展開の可能性〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
地球に住まう 〜グローバル時代の住まい方〜  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)

■  テーマ:住マーケティング(早稲田大学 マーケティングコミュニケーション研究所(恩蔵教授)との共同研究)
2006.10.01 / 研究誌「住・生活研究02号」を発行しました。
Contents:2006.10.1「住・生活研究02号」

京浜・中部・京阪神エリアの住宅購入者インターネット調査概要
住宅マーケティングにおけるコンジョイント分析の適用  / 須永 努(千葉商科大学商経学部 専任講師)
急を要する住宅購入者の情報処理行動について 〜時間圧力の影響の考察〜  / 安藤 和代(早稲田大学 商学学術院助手)
住宅購入者にみるライフスタイル  / 小間 幸一・小崎 敦史(東新住建株式会社 住宅市場研究室)
京浜・中部・京阪神エリアにおける住宅購入者の住居形態と情報収集媒体の関係
〜コレスポンデンス分析より〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
住宅購入基準の違いによる住宅のエリア適合指標について
〜東京都・愛知県・大阪府の分譲住宅と新築マンションの場合〜
  / 小間 幸一・小崎 敦史(東新住建株式会社 住宅市場研究室)

2006.05.01 / 研究誌「住・生活研究01号 創刊号」を発行しました。
Contents:2006.5.1「住・生活研究01号 創刊号」

特別寄稿 マーケティング視点による住宅業界の再考  / 恩蔵 直人(早稲田大学商学学術院教授)
住ターゲットの変容
〜多様化する家族とこれからの住まいのあり方〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
住宅供給モデルの変遷と今日的課題についての考察
〜住宅供給プロセスのinnovationという観点から〜
  / 金井 恭秀(東新住建株式会社 経営研究所)
ハウスメーカーの住宅開発動向
〜探索型製品開発への移行がもたらすもの〜
  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)
パワービルダーにおける住宅供給モデルの考察と将来の住宅供給モデル展望  / 金井 恭秀(東新住建株式会社 経営研究所)
住宅の種類に応じたマーケティングのあり方の考察  / 小間 幸一(東新住建株式会社 経営研究所)

■  テーマ:住マーケティング(早稲田大学 マーケティングコミュニケーション研究所(恩蔵教授)との共同研究)
2006.12.18 / 「住宅購入者ウェブ調査報告書」を発行しました。
2010.04.27 / 「住宅購入者ウェブ調査報告書」の公開が順次スタートしました。
Contents:2006.12.18「住宅購入者ウェブ調査報告書」

調査目的 住宅購入者の住宅購入過程における意識や実態、ライフスタイルや消費者行動を把握することにより、今後の住宅販売戦略における基礎資料とする。
調査手法 インターネット調査
調査母体 Yahoo!リサーチモニター(2006年4月時点でのモニター数:50万人)
調査対象
1. 京浜地区・中部地区・京阪神地区の各在住者(※1)
2. 2004年11月以降に住宅を購入(新築または中古は問わず)の30〜59歳男女個人
※1)京浜:東京・神奈川・埼玉・千葉  中部:愛知・岐阜・静岡・三重  京阪神:大坂・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山
調査日程 2006年4月20日(木)〜4月27日(木)
調査機関 株式会社インテージ http://www.intage.co.jp

【第1回目公開分】
はじめに
基本属性
全体集計1
全体集計2

【第2回目公開分】
エリア編

【第3回目公開分】
住居形態×エリア編

【第4回目公開分】
エリア×住居形態編

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社のAdobe Readerが必要となります。 Adobe Readerのダウンロードはこちら